フォートラベル デザインブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォートラベルの制作部の現場

デザイナーマネジメントの仕事

フォートラベル制作部(デザイン)の横山義です。

世の中のトレンドにそって、ボクもフォートラベル デザインブログを始めてみようと思います。とりあえずの目的は、世の中のデザイナ(エンジニア)がフォートラベルに親近感がわき「いっしょにサービスを作っていきたいなあ」と思ってくれることでしょうか…。

 

まずは、フォートラベルの制作の現場を紹介します。

パソコンはWindowsを使っています。

デザインはAdobe Creative CloudPhotoshopをメインに使い、Illustratorを使うこともしばしば。書体はMORISAWA PASSPORT、レンタルフォトはThinkstockを使っています。

 

コーディングは、言語環境がRuby on RailsPHPが混在している状況なので、該当ページの言語によりSublime Text(Ruby,UTF-8)とDreamweaverPHP,EUC-JP)を使いわけている人が多いですが、特に決まりはありません(秀丸もOKw)。

HTML5とCSS3を基本に、PHP,eRuby(ERB),Sass,JSなどに触れることになります。フロントエンドエンジニアはいないので、エンジニアに助けてもらうこともしばしば。リリースツールはGitHubRuby)とTortoiseSVNPHP)を使い分けています。

 

各プロジェクトはRedmineでチケット管理をしていて、通常フローは企画・運営・営業部からそれぞれ要件定義されたチケットが回ってきます。

ボクが入社して制作部ができてからは、ボク自身がデザイン視点で、サイト改修のチケットを起票することも多くなってきました。制作部にはまだ、自らサイト改善を提案できるデザイナはいませんが、徐々にそういう風土にしていきたいと思っています。

 

デザイナは、社内にインハウスとフリーランス、外部に制作会社さん、そしてオフショアにもチームをもっていて、同時にいくつものプロジェクトを進行させています。

全てのデザインは、制作部のデザインレビュー、コードレビューを経て、リリースしています。

リリースされたページのユーザー行動分析にはAdobe SiteCatalystを使ってPDCAを回していきます。

 

日々のデザイン業務は、主に自社サービスのスマートフォンサイト(スマホブラウザ)とPCサイトの改修です。世の中のトレンド通り、スマートフォンのユーザー比率が高まる一方、CVRはPCサイトの方が高い…という、あるあるの状況で、日々デザインにむきあっています。
 

その他、社内の普段のコミュニケーションはサイボウズとhipchatを使っています。

広告を非表示にする